類天疱瘡 治療

類天疱瘡の治療をガイドラインを基にまとめてみました。 日本皮膚科学会ガイドライン 類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む)診療ガイドライン 類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む)診療ガイドライン作成委員会 日皮会誌:127(7),…

類天疱瘡 基本事項

類天疱瘡(後天性表皮水疱症を含む)診療ガイドラインを基に基本事項をまとめてみました。 類天疱瘡群は表皮基底膜部に自己抗体が沈着して表皮下水疱を形成する水疱症です。 大きく類天疱瘡と後天性表皮水疱症に分けられます。また類天…

天疱瘡 治療

天疱瘡診療ガイドラインの内容を基に調べてみました。 【治療指針】 早期診断の必要性、初期治療の重要性を認識することが肝要。 治療は導入期と維持期に分け、方針をたてる。 🔷導入期 病勢を制御でき新生水疱がで…

天疱瘡 基本事項

天疱瘡の基本事項について、日本皮膚科学会ガイドラインから抜き書きし、纏めてみました。 【天疱瘡の定義】 皮膚・粘膜に病変が認められる自己免疫性水疱性疾患で、病理組織学的に表皮細胞間の接着が障害される結果棘融解(acant…

水疱症とは

今年の日本皮膚科学会総会の会頭の慶應大学皮膚科の天谷先生は天疱瘡、水疱症の専門家なので、それに関連した講演も多くありました。日頃開業医としては、めったにお目にかからない疾患群で、このブログにも書いたことはなかったように思…

肝斑の治療

先日の、WEB学会でシミ治療のセッションがありました。講師は葛西健一郎先生でした。 本邦のレーザー治療では豊富な実績をもち、シミの治療の本も上梓している専門の先生です。実際の講演会でも何回か聴講したことがあり、明快に単刀…